㊗2024シーズン開幕! 開幕節レビューコンペ(J1 J2 J3 全試合対象)
抽選で5名様にアマゾンギフト券3,000円分


策士、策に溺れる

フォーメーション図

こう書くと監督だけが悪いように見えてしまうがそれは違う。

監督も悪いが選手も悪い。

大枠を考えるのは監督だが、現場で行動するのは選手なのである。

今回、どうしてもやり玉に挙がってしまうのが

攻撃スタッツ - 黒川 圭介

なのだが、彼だけの問題ではない。

特に前半。とりあえずビルドアップの際、必ず左サイドを見ているのだ。

特に弦太。

攻撃スタッツ - 三浦 弦太

今回、相手が健太なのでビルドアップに時間をかけることができる。

だが、そんなに露骨に左サイドを見て、

「今からサイドチェンジしますよ」

と、言わんばかりのサイドチェンジに何の意味があるのだろうか?

黒川にしても、

「これから、一対一で仕掛けますよ」

とまるで宣言してから仕掛けている様なもので

他の選手も誰も彼の近くに寄っていかない。

これで「パス交換でPA内に侵入する」という選択肢が消えるわけで

一対一は相手に2択、3択と複数の可能性を増やすことで勝率が上がる。

その選択肢を奪っていては勝てるものも勝てないのは当然。

チームが彼を見殺しにしたのである。

そもそも、彼はSBであり、「一対一で相手を抜く」というタスクは

最優先のものではない。

監督に言われた事だけやっていれば試合に勝てるわけでは無い。

走行距離・スプリント回数

黒川はこの試合も、誰より懸命に走っている。

だが、この試合、得点の可能性を感じたのは大半がアドリブを効かせた

右サイドからの攻撃だった。

監督に言われたことをどれだけ実行するのか?

監督はどこまで選手に戦術を伝えればいいのか?

この境界が曖昧でグチャグチャになっている。

例えば、黒川が仕掛ける…と見せかけてアラーノを3バックの間に走りこませるとか。

弦太の所からサイドチェンジ・・・と見せかけて一定時間右サイドからひたすら攻めるとか。

ジェバリが入ったのであればひたすらジェバリにハイボール勝負させるとか。

やれる事はいくつもあった。

選手も悪いが監督も悪い。

契約更新は間違えでは無かったと、監督は証明して欲しいし

選手はもっと現場でのアドリブ力を身に着けて欲しい。