横浜FMも、横浜FCもどちらも、

FWの連動・スピード共にすごいクラブどおしの戦いとなった。


特に、FMの前田は、サッカー選手ではない。 

スプリント数は圧倒的。繰り返しスプリントをされると、DFは後半には足が止まりついていけなくなり必ずスキが生まれる。


FCの方には、前田と同じようなFWの選手を複数揃え、ディフェンスラインを右から左から翻弄する恐ろしいクラブだ。



FCは、守備的に、自陣ゴール前にブロックを敷いて、相手のラストパスの侵入を止める作戦に見えた。 攻撃時は陣形をコンパクトに、後ろもあげてビルドアップしていた。


コンパクトにスキがあった。


FMのマルコスとエウベルに、ことごとくディフェンスラインの裏を狙われた。

2人、3人と裏に侵入し、GKと1対1、どころかGKと1対2の場面が多く生まれた。


FCのディフェンスラインは、自陣で6人ブロックも機能せず、立て直すことができなかった。また、パスの出し手、マルコスとエウベルを抑えることができず、5-0の差がついてしまった。














走行距離・スプリント回数