㊗2024シーズン開幕! 開幕節レビューコンペ(J1 J2 J3 全試合対象)
抽選で5名様にアマゾンギフト券3,000円分


ガンバは成長した。しかし横浜FCも成長していた。

基本スタッツ

 前回対戦していた際、横浜FCは勝ち星も無く、迷走していた。

選手たちに何処か迷いの様なものが感じられた。

サッカーもポゼッションなのかカウンターなのかどっちつかず。

攻めで印象に残ったのはカプリーニのドリブルとゴールに近い所にいると

小川航基はやはり怖い・・・くらいでガンバがポストに当てまくっての引き分け。

そんな印象でした。


そして今節は小川航基の海外移籍が決まり不在。

エースを失った横浜FCのサッカーがどうなるか?が見ものだと思っていましたが

余計なお世話でした


結果は前回と同じ引き分けでしたが内容は前回とはまるで真逆の形に。

ゴール期待値

データの通りゴール期待値2.17に対し、よく無失点で済んだといった内容。

監督のリスクヘッジ、東神、そして今回も活躍したポストさんやバーくんのお陰(?)

フォーメーション図

ガンバは倉田が不在の左WGは石毛。

余談ではありますが正直危機感を持ってほしい。

攻撃スタッツ - 福田 湧矢

彼とか

攻撃スタッツ - 山見 大登

彼とか

逆サイドだけど

攻撃スタッツ - 杉山 直宏

彼とか。

本業のWGではなくWGも、出来る

攻撃スタッツ - 石毛 秀樹

が、起用された事に。

結果としてはお世辞にも成功とは言えない内容でしたが。


ポヤトス監督の当初の狙い

横浜FCがカウンターの形に絞り、徐々に結果を出してきていた事は監督も把握していた筈。

そもそも四方田監督はカウンターが得意な監督ですし。

故に元々はボールを握り、前線の選手の距離を狭くし、横浜の最終ラインの裏を狙う。

中央に固まり、空いた大外のレーンをSBの二人が広く活用し、幅のある攻撃をする。

これが当初のプランだった様に思います。

現にジェバリの足元からチャンスを構築したり、デザインされたCKから惜しいシーンも

何度かありました。


フォーメーション図

横浜FCの攻撃について

小川航基の代わりに横浜FCの頂点に位置したのがマルセロ・ヒアン。

攻撃スタッツ - マルセロ ヒアン

この選手、身長が188cmもある割にスピードもあり、ハイボールを次々にモノにしつつ

自らボールを運んできます。

流石に単独で中央を抜くことは出来ないまでも持ったまま弦太を引き付けつつサイドへ流れます。

そしてガンバの最終ラインは強制的に下げられ、その作ったスペースに中盤の選手が飛び込んできます。①

もしくは上がっている黒川の裏にスルーパス。

この日キレキレだった山下が飛び出しカウンターに。

攻撃スタッツ - 山下 諒也

この山下とベテランの小川慶治朗が頻繁に左右のポジションを入れ替え

ガンバに襲い掛かります。②

ヒートマップ - 山下 諒也

ヒートマップ - 小川 慶治朗

この二人はスピードもさることながら運動量も物凄く

走行距離・スプリント回数

スプリント、走行距離でもチーム内で目を見張る位置にいます。

ガンバからすればこの二つのジャックナイフの様なカウンターを首元に突き付けられた様な形になり

最終ラインの押し上げに躊躇し、コンパクトなサッカーが出来ず。

そして恐らく監督の指示であろう、悠樹のポジションを少し下げた結果、速攻時に人が足らず、

横浜FCの選手の戻りも早く、どうしても遅攻になってしまいました。


どうすれば良かったのか?

壱 ジェバリのポストプレイ

結果論になりますがガンバがようやく攻めようと思っても横浜FC陣内には既に人が沢山。

ではSBを使いたい所ではありますがカウンターが怖い。

ですが、以前の福岡戦の様にジェバリをもっと使って欲しいように思えました。

ジェバリへのハイボールは何度か弾かれましたが

ジェバリのポジションも今までより常に高い位置にいました。

ヒートマップ - イッサム ジェバリ

今節のジェバリのヒートマップと・・・

ヒートマップ - イッサム ジェバリ

ポストプレイが当たりまくっていた福岡戦のヒートマップ。

明らかに今節の方が立ち位置が前です。


点が取れ初め、徐々にゴールを奪う事に色気が出てきたのか、

裏を狙うように監督にいわれていたかはわかりません。

しかしジェバリにもビルドアップに加え一度二度のポストプレイの失敗にめげず

何度も繰り返す事で密集していてもチャンスを構築する事が出来たかもしれません。


弐 WGが個人でチャンスを構築する。

密集地でも自分で敵を剥がせるWG、または単独で点を奪えるWGが必要でした。

これも結果論ですが宇佐美左WGで先発でも良かったのでは?

またはカウンター時に一人でボールを運べる選手として

それこそ彼や

攻撃スタッツ - 杉山 直宏

攻撃スタッツ - 山見 大登

彼も観てみたかったですね。


連勝は止まってしまいましたが、まだまだこれから。

半田選手の移籍の話も破談になりましたし、

更なる高みをめざして!