【J1】前半戦の戦いを振り返ってみよう!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


こんにちは!りょう@ガンバ大阪です。


ガンバ大阪の試合ではないが、今季の頂点にいる2チームの天王山に単純に興味があって、試合を見ていた。

フォーメーション図フォーメーション図



感想から言うと、すごく嫌な気分になった(笑)ガンバは前節名古屋に完敗をしていて、すごくいいチームだと思っていたのに、この有り様。繰り返します。本当に嫌な気持ちです。


川崎は開始3分で先制点。それもしばらく戦線離脱をしていた旗手のゴール。名古屋の守備も少し三苫への寄せが甘かっただけで、特に悪かったわけでない。単純に川崎がうますぎた。10分にダミアンの追加点。


開始10分で勝負あり。キャプテンの丸山の顔を見て、こっちまで悲しくなった。


なぜこんなに強いのか?


川崎の選手はみんなインサイドキックとトラップが上手。つまり基本がしっかりしている。動きながらゴールをもらい、動きながらパスが出せる。パススピードも速い。だから相手もマークにつけないし、ボールも奪えない。三笘、ダミアン、家長にボールが入ったときに失わないという信頼があるから、中盤の選手からどんどん前にボールが当てられるし、積極的に追い越す動きも生まれる。


パスソナー・パスネットワーク


敵陣でこれだけボールを回せたら、名古屋もなすすべがない。攻撃は最大の防御。


3点を追いかける展開で前半のうちにFWの山崎を交代させるのは、普通見られない。それほど、川崎の攻撃が圧倒的だったということだ。


後半は、トップに入った柿谷がうまくボールをさばき、マテウスから、何度かチャンスが生まれた。相馬はドリブルで突っかかる場面が多く、交代してしまったが、交代で出てきた前田も良さは出ていた。


それでも名古屋がボールを持てたのは、3点差で川崎が無理に前に出てこなかったこともあるし、点は入りそうになかった。交代で脇坂が出てきたり、三笘に変わって左サイドに入った遠野がえげつないシュートを決めたり、スキが見当たらない。


名古屋が悪いというより、川崎が強すぎる。川崎対策を見つけたくて試合を見たが、ひとりひとりのレベルの高さに絶句してしまうだけだった。山根は攻撃参加を控えていたし、チョンソンリョンはほとんどセーブしていない。余力を残しての完勝だったように思える。多分ほとんどの人が忘れていると思うけど、このチームには大島僚太がいる。碧と三笘が海外移籍したとしてもどうにかなるとも思えない。


欧州スーパーリーグに参加することを祈ることにする。