2週連続レビューコンペ ! ②J1第24節全試合
抽選で5名様にアマゾンギフト券2,000円分


【2022 J1第19節 G大阪 1-1 浦和 レビュー】

試合の流れは前半ガンバ、後半浦和でともに1点ずつのドローで勝ち点1を分け合う結果だったが内容的にはナショナルダービーらしい内容だったのでは

ココ最近のナショナルダービーは一方的にやられる試合だったけどダービーらしい内容だった

【両チームの先発布陣】

浦和はいつもどうりの4-2-3-1守備時は江坂と明元が並んで4-4-2になっていた

ガンバは3-4-3守備時は両WBが下がってトップは倉田か石毛(主に倉田)が中盤に下がって5-3-2と前の2トップで浦和の両CBに石毛がスイッチを入れてハメてく形になっていた

【前半のガンバは何が起こっていたのか】

今までは奥野が最終ラインまで下がって相手の2トップに自らハマりに行ってたがこの試合は最終ラインに下がらず明元と江坂の間をうまくポジションを取って浦和が前から守備に行けない状況だった

明元が何回かスイッチを入れようとしてもサイドに開いた福岡に出して齊藤や小野瀬、サイドチェンジするなどしてうまく浦和の前からのプレッシャーを剥がしていた


そして1番効いていたのはボールロストしてからの守備への切り替え

浦和のボールロストの位置と直前のプレー方向を見ると後半は浦和に押し込まれた時間があったので前でのボールロストが多いがガンバに比べ後ろでボールロストしてるのが多いことからガンバの攻守の切り替えが早くガンバがボールロストしてもすぐ切り替えてまたボールを奪うことで押し込む時間帯が増えた

その中で1番よかったのはオフサイドで取り消しになった倉田の幻ゴール

1点目と同様に浦和のコーナーからのカウンターだったが1度ボールをロストするが黒川がボールを奪いそこから逆サイドに展開して小野瀬から倉田に出してゴール

完璧な崩しからゴールかと思ったがオフサイドだった

これがゴールだったら結果は変わってたかもしれない

【後半のガンバは何が起こってたのか】

浦和は後半の頭から宮本から酒井、小泉からモーベルグ、柴戸から平野と流れを変えようと一気に3枚替えをしてきた

交代したモーベルグ、平野、酒井を中心に右サイドから打開され浦和に押し込まれる時間が増えた

そのためこのようにガンバから見て左サイド、浦和から見て右サイドのPA進入回数が増えたがガンバも耐え続ける

1-0で迎えた後半68分に岩波に変えて松尾が入り3-4-3にしてガンバとミラーにすることでさらにガンバはボールを拾えなくなり前半からのハイプレッシャーをしていて中2日の影響もあり体力的に厳しいところで前からのプレッシャーが機能しなくなりもっと押し込まれる時間が増えた

そこで松尾のお誘いに三浦がまんまと引っかかりPK献上

ショルツがPKを決め1-1のドロー

【これからの試合を勝ち切る為には】

片さんもインタビューで言っていた通りこれが戦術なので暑いとかキツいとか言ってる状況ではないから前からのプレッシャーを変える必要はないと思うが連戦が続く中で勝つためには自分達がボールを持って相手を走らせることが大事その為には今節みたいな攻守の切り替え、セカンドボールへの反応、前からのプレスのやり方が大切

あとはボールを握ることが出来れば選手達の負担が減るのでは

そしてガンバの長年の課題決定力

浦和の被PA内進入傾向が少ないつまり前半ボールを握っていたのにゴール前まで攻めれていない

シュートもPA外からのシュートが多かった印象

ゴール前の迫力、決定力、ボールを握る時間を長くする

これらのことが出来れば勝てる試合が増えていくのでは

しかしサッカーはそんな甘くなく戦術を理解してもピッチで表現するのは難しい

それがサッカーのいい所でもある

【坂本一彩への期待】

今まではパトポンサッカーでもっと足元のできるFWが欲しいと思っていたが前節の広島戦でのこぼれ球を拾って反転してからのシュート

師匠の大黒将志さんを匂わせるようなゴールだった

そして今節も裏への抜け出し、ポストプレー、自分で反転してからのシュート

まさに俺が求めていた選手だった

連戦が続くので坂本だけを使うのは難しい所だがここに鈴木武蔵、食野が入ってくるとうまくローテーションしながら使えるのでは

【常勝軍団への道のり】

次節から湘南、川崎、天皇杯で鹿島と連戦&アウェイの移動なだとありホームに戻って大阪ダービー

キツいけどそんなの言ってる状況ではない次節の湘南は相手のレベル的にも押し込む時間帯が増えると考えれるのでゴール前の迫力、決定力をどのように片さんが修正してくるのか、どんな選手を起用してくるのか楽しみ



カタノサッカーが浸透しつつあるガンバは今後どうなるのか、そして今月はPSGとの試合もあるのでそれに向けてカタノサッカーを完成させておきたい所

そして夏からが強いのがガンバ

就任1年目の片さんなので長い目で見ていきましょう!