レビュー強化キャンペーン ⑦  6/13 J2 第18節 全試合
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


こんにちは、田坂さんが

試合中にテクニカルエリアの

黄色いマーカーがずれていたり

ペットボトルが倒れていたりするのを

いちいちきちんと置き直すのに

几帳面さを感じる塾長です。


レビューもどき

基本スタッツ

シュート3本

枠内シュート1本

よく負けなかったと思います。

スタッツだけみると

かなり苦しい試合だったような数字ですが

体感ではそんな感じは無く

時折カウンターを繰り出しながら

良く戦っていたのでは無いかと思います。

ゴール期待値

前半の飲水タイム以降は

主導権は京都でしたね。

ただそんなにピンチらしいピンチや

崩されてどうしようも無いって

感じでは無かったです。

パスソナー・パスネットワーク

バイスから

両サイドバックへ

供給される正確なロングキックは

やっかいでした。

エリア間パス図


サイドはやらせても

中はしっかり固めて

やらせませんでした。

選手へ一言

GKスタッツ - 川田 修平

3試合クリーンシート

この試合も何度も川ちゃんに救われた。

声も良く出てた。

守備スタッツ - 柳 育崇

なんか吹っ切れたかな

試合中笑顔が見えたり

相手選手とコミュニケーション取るなど

余裕が出てきた。

守備スタッツ - 三國 ケネディエブス

安定の守備

ただ毎試合、1・2回

軽く見れるプレイでピンチになりかける時が

あるので気を付けたい。

攻撃スタッツ - 大島 康樹

守備は安定

攻撃面でもクロス4本は

頑張った、あとは精度上げていこう。

攻撃スタッツ - 菊池 大介

京都監督のキジェさんの前だから

張りきったのか

栃木に来て一番のパフォーマンス

だったんじゃないかな。

80分のCKでのサポーターへの

煽りは痺れた、もっとやって欲しい。

攻撃スタッツ - 山本 廉

ワンタッチで出せば

通るのにキープしてしまったり

前に出せるのにドリブルしてしまったり

ドリブルに自信がある選手に多いのだが

もっと簡単に捌く判断が出来ると

プレイに幅が出ると思う。

攻撃スタッツ - 森 俊貴

ほんと頼もしい10番

栃木のチャンスらしいチャンスは

森君のドリブルでの突破からぐらい

だった。どうせなら突破からシュートまで

行っちゃっても良かったかも。

守備スタッツ - 西谷 優希

良い意味で目立たなかった

ブロックしたり

こぼれ球拾ったり

鼻血出したり

貴章さんが審判にクレーム入れそう

になった時、すかさず

間に入って落ち着かせたり

大忙し、そういうところちゃんと見てるよ。

ヒートマップ - 西谷 優希


守備スタッツ - 佐藤 祥

優希と同じく

目立たないけど

あちこち顔だして

良い仕事してました。

しかしうちのボランチ勢は

良く動く。

ヒートマップ - 佐藤 祥


攻撃スタッツ - ジュニーニョ

前半序盤、かなり効いてました。

ジュニーニョの良いところは

毎試合必ずシュートを打っているところ、

この辺は周りの選手も見習って欲しい。

攻撃スタッツ - 矢野 貴章

貴章さんでなく

貴章様と呼ばせて頂く、

京都相手にサンドバックに

ならずに済んだのは

貴章様がいて前線でおさめてくれたから。

サッカーの神様、そろそろ

ゴールをお願いします。

攻撃スタッツ - 畑 潤基

相手DFラインの裏取ったり

ボールおさめたり

悪くはなかった

シュートも打ってるし

少しずつフィットしてきてる。

攻撃スタッツ - 有馬 幸太郎

コータロー

みんなゴール待ってるぞ。

いろいろ悪く無いんだけど

FWの仕事はゴールだ

とにかくシュート打て。

攻撃スタッツ - 面矢 行斗

最近、出番少ないけど

くさらず頑張れ。

天皇杯はチャンスあるかも。


まとめ

プレビューで書いた通り

想定どおりの試合でした、

現戦力で出来うる最大限の

戦い方だったと思います。


もちろんホームなのに

守備的な戦い方はどうなの

って意見もわかります。

がしかし今年の命題は

なんといっても取り合えず

残留。

4チーム降格のシーズンです

理想をいっても始まりません、

力差のあるチームには

最低勝ち点1

差が無いチームから

勝ち点3をとって

積み重ねていくしか無いでしょう。

田坂さんは一昨年の残留争いの

シーズンの失敗を分かっています、

理想を追い求めるより現実路線で

今出来る事をやろうとしてるように

私からは見えます。


私は監督のほぼ後ろの席から見ているので

田坂さんの指示や様子が目に入るのですが

ここのところ指示や怒鳴る回数が少ないです、

それは選手たちが監督のやりたい事をきちんと

実行している表れだと思います。


長くなりましたが

一言でいうと

まあ、この戦力で良くやってるよ。


です、以上。


天皇杯は観られないので

ブログもお休みします。