レビュー強化キャンペーン実施中!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


※浦和の直近2試合のリーグ戦

(vs鳥栖、vs横浜FC)の2試合を観て

感じたことを書いていきます


<最近の両チーム>

浦和は(H)vs横浜FC(〇2-0)

から中3日、この試合のあとは

中2日でvs札幌(H)

マリノスは(A)vs福岡(〇3-1)

から中3日、この試合のあとは

中2日でvs徳島(H)

お互い前節に今季リーグ戦初勝利を挙げ

メンタル的には良い状態か


<自陣攻撃>

・キーマンはトップ下の小泉か

・右から作っていくことが多い

(右利きの2CB&2CHの影響か?)

・右SHにスピードのある選手

(明本、田中)を起用し

 杉本の降りる動きと

 入れ替わるように裏を狙ってくる

・ショートパスを繋ぎ相手を動かして

 作ったスペースを活かし

 前進することにトライしている

・縦に繋ぐのが厳しければ

 下げてやり直す

・ショートパス一辺倒ではなく

 杉本、裏狙いのSHへの

 ロングボールもある

・カウンターも武器の一つ

 相手を引き込んでボールを奪い

 杉本、小泉が時間を作って

 スピードがあってボールを運んでいける

 汰木、明本、田中が飛び出していく

→マリノス相手にオープンな展開を

 自ら望んでくるとは思えないが

 なったらなったで

 浦和にも打つ手はあるように思う

・久しぶりにチアゴの快足が活きるかも


<敵陣攻撃>

・大外 or ハーフスペースで

 相手の裏を取って

 ボックスへの侵入を狙う

→裏に抜け出せたらクロス

 グラウンダーで相手選手の間を狙う

 パターンが多い

・サイドプレーヤーはレーンを意識

(SBとSHで中⇔外)

・左SB山中はクロスの意識が高い


<敵陣守備>

・トップ下が一つ上がって4-4-2

・vs横浜FCでは相手最終ラインに

 持たせる形を取っていたが

 vs鳥栖でのハイプレスが

 おそらく本来の形

・プレスの際、監督から

 よく指示が飛んでいる

 戦術面でも特に重要視しているのでは

→攻略できれば

 相手に大きなダメージを与えられる

・マリノスとしては

 前線の2枚の脇のスペースを使って

→後ろの4枚を引き出す

→間で受けて逆サイドへ展開が理想か


<自陣守備>

・自陣でも4-4-2

・4-4のラインはぺナ幅を守る

→大外の選手にはマークにつかない

→ボールが出たら寄せる

・マリノスとしては

(おそらくセオリー通りだが)

 幅を取ったWGにボールを送り

 相手SBを引き出して

→広がったCBとの間のスペースを突く

→そのスペースをSH or CHが埋めるなら

 今度はその分、相手が

 いなくなったエリアを突く

(SBがスルスルっと中央に

 入り込んでくる形が有効か)

・裏を狙われたときの

 最終ラインのラインブレイクが速い

(特に岩波)

・オフサイドを取る < 裏を取られない

・すぐにラインを崩すことが

 一概に悪いとは言えないと思うが

 最終ラインに段差ができる

→マリノスとしては相手選手の間に

 入り込みやすくなるのでは

・相手にぺナ内で

 シュートを打たれるとき

 体を投げ出してでも防ぐ意識が強い

(槙野、岩波)

→キックフェイントが効きそう


<選手起用>

・浦和は前節、興梠が途中出場し

 ケガから復帰

 スタメンで出てくるかも


ホームで連勝を!

勝ちましょう!


得失点パターン



得失点パターン