【J1】前半戦の戦いを振り返ってみよう!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


システムというか戦術だったりの噛み合わせが悪いのと、強力な外国人助っ人達にやられるイメージが強くて個人的に鬼門だと思ってる清水戦。

フォーメーション図

恐らく怪我とか疲労の関係だと思うけど、町野→石原、高橋→好調コバショーと少しメンバー替えてきた。まあずっと固定メンバーでシーズンを戦い抜くことはできないので、仕方ない。チームとして底上げをする良いチャンスと捉えたい。

試合の方は開始早々負傷交代で石原→町野となーんか嫌な展開。微妙なズレかハマらないプレスだったり、パスがつながらないシーンも多く自分達のペースに持ち込めない。どちらかと言えば清水ペースで試合が進む。それでも最近の湘南は我慢ができるのが良いところ。最後の部分で崩れることなく前半は0−0で折り返す。

後半から田中→柏戦の負傷から復帰の中村。パスの供給源として期待と点を取りに行くメッセージを込めた交代。要所要所で流石のパスを見せてくれるものの、より清水ペースになった試合展開だったり、ここまでアンカーを務めてきた三幸、田中とのプレースタイルの違いもあってかパスがなかなか中村を経由しない。。。この辺は今後の改善に期待かな。

後半も嫌な流れは続いて、谷が1対1をスーパーセーブで凌ぐシーンだったりと清水が勢いを強める中、自陣右サイドから左サイドにボールを振られると湘南ディフェンスのスライドと寄せが遅れてフリーのエウシーニョ元に。この男をフリーにしちゃうとね。。。絶妙クロスをチアゴ・サンタナに合わされ久しぶりの失点。

例年の清水戦の湘南だとここから崩れがちなんだけど、我慢が出来るようになったのが今年の湘南。再び訪れる相手の決定機をギリギリで凌ぐと交代で入ったウェリントン&毛利がやってくれた!毛利のクロスからウェリントンがスーパーゴラッソ!!あの位置からあの強さのヘディングを枠に飛ばせるFWが来てくれたのは本当に大きい。少々悪い流れの試合でもこれがあるってのは相手にとって脅威だと思う。

この日は湘南は悪い部類の試合で88分まで清水のゲームだったと思うし、勝ち点1を持って帰れたのと、ウェリントン、毛利、中村をリーグ戦で使えただけも御の字でしょ。試合数=勝ち点ぐらいをキープしておくと残留争いラインからも少し余裕があると思うので、こうやって勝ち点を積み重ねていくのが大事。

【印象に残った選手達】

攻撃スタッツ - ウェリントン

帰ってきた&待ちに待った期待の得点源。合流後の練習場の写真なんかでは気にならなかったけど、ユニフォームだと体が太め&重そうでコンディションはまだまだっぽい。それでもチームを救う「ウェリが帰ってきたー!」ってことを感じさせてくれるゴラッソ♪コンディションが上がるまでしばらくは交代起用が相手の脅威になりそう。

攻撃スタッツ - 毛利 駿也

加入した当時から期待されてきた選手。長い間怪我続きでなかなか試合に絡めてなかったけど、怪我が癒えた今シーズンはルヴァンで出場しゴールの起点になるなどアピールを続けてきてこの日は途中出場からヒーローに。前評判通りの正確なクロスでウェリントンのゴールを御膳立て。高橋、畑、古林と選手は多いけど使い続けて欲しい選手。

攻撃スタッツ - エウシーニョ

本当に良い選手で相手にとっては狡猾(褒めてます)で嫌な選手。相手の守備のギャップを突くのが秀逸でこの日もアシストのシーンだけじゃなく終始脅威でした。