レビュー強化キャンペーン実施中!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


はじめに

ここのところ

週末になると雨でしたが、

相模原戦は

お天気に恵まれそうですね。

今季初のグリスタ、

カンスタとは違って

ピッチが近いので

監督の指示や選手の声も

良く聞こえるので、

そちらも楽しみながら

応援したいと思います。


プレビューもどき


前回の対戦

J3時代4年前のグリスタ

牛ノ濱選手のゴールで

1-0で勝っています。

その時のハイライトはこちら↓

https://youtu.be/xiB4TdjvsyQ

両チームとも懐かしい顔が見られます。

前節までの対戦成績

直近5試合の成績

相模原は

好調金沢(現在3位)には負けてしまいましたが

前節は5連勝中だった新潟(現在1位)を

引き分けに持ち込んでいます。

引き分けが多いのをどう見るかですが

負けていないと言うより、

勝ちきれていない印象です。


得失点パターン



得失点のパターンが栃木と似ています。

セットプレーからが多いです、

新潟戦の1失点目もセットプレーからでは

無いですが、スローインから1瞬の隙をつかれて

の失点です。


直近の2試合を観た感想

新潟戦のハイライトはこちら↓

https://youtu.be/InFLfM5cMBo


得失点だけでなく戦い方も栃木と似ています、

3バックと4バックの違いはあれど

繋がずにまずは前線に縦パス

FWにおさめてからの攻撃です。


守備時は5バックにして

きますが、中が固いわりに

サイドは金沢にも

新潟にも何度か崩されています。


試合展望

攻撃より守備のチーム

データーサイト

「Foot ball lab」

https://www.football-lab.jp/


のデーターを見ると

パスの数が

栃木(20位) 相模原(21位)

ちなみに22位は秋田です。


栃木の3連勝はどちらかといえば繋いでくるチーム

でしたが今回は秋田同様の蹴ってくるチーム、

ボール支配率で栃木が上回ってしまうかもしれません。

ボールを持たされた時にどうするか

昨年以来の課題ですがどう修正してくるでしょう。


相模原は奪ったらパスを繋がず

まずは前線へ、FWのユーリ選手にあててからの攻撃

栃木が矢野貴章選手にあてて攻撃するのと同じです。

フィジカルが強いユーリと

栃木のCB陣(特に柳選手)とのぶつかり合いは見ものです。


ポイントは両FWに当たったボールを

どちらが拾えるかのセカンドバトル、

元々攻撃回数の少ない両チームがいかに

攻撃回数を増やせるか。


私個人の妄想ですが、

拾ったボールを廉君がサイドから

ドリブルで侵入してクロス

元栃木の夛田選手には申し訳無いが

高さで上回る貴章さんが頭でゴール

なんてどうでしょう。


そして鍵を握るのはやはりセットプレー、

栃木はセットプレーからの得点が続いています。

相模原はセットプレーからの失点が多いのでチャンスです。

そろそろ上田康太選手

も出番がありそう。


警戒選手


16番 三浦 基瑛 選手(GK)

栃木サポとしては

元栃木の竹重選手に出てもらいたいところですが、

三浦選手が好調のようです。

セーブ数はJ2で1位

セーブ率は現在J2で2位だそうです、

DAZNの中継の中で言ってました。


GKスタッツ - 三浦 基瑛



2番 夛田 凌輔(DF)

「はーいただっち」

お久しぶり

元気そうです。

未だに栃木サポから人気がありますね。

彼がCBをやっている事に驚きました。

身長のハンデをスピードとするどい読みで補っています。


栃木時代に小山市のイオンで

私が撮ったトークショーの動画、懐かしいです。↓

https://youtu.be/SGEw9gKgkUY

ちなみに一緒に出てるのは現徳島の浜下選手です。


守備スタッツ - 夛田 凌輔



期待選手

17番 山本廉

相手は3バック、

廉君が相手のWBの裏をとるなり、

得意のドリブルで

はがせるとチャンスが作れそう。


攻撃スタッツ - 山本 廉


10番  森 俊貴

廉君同様、サイドから切り込んで崩したい。

守備スタッツ - 森 俊貴



最後に

相模原の稲本選手(元日本代表)は

ここのところ出ていないようですが

どうしたのでしょうか?

グリスタで観たい気もします、

でも出てきたら出てきたで栃木としては

やっかいなのかもしれませんが。


ハードワークが持ち味の両チーム

好ゲームを期待します。

4連勝、連続クリーンシートいっちゃいましょう。


無意識に間違ってカンスタへ向かわないように気をつけよう。ww


以上、最後まで読んでくれてありがとうございました。