レビュー強化キャンペーン実施中!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


ルヴァンで広島相手に5点取るほど勢いがある攻撃陣を擁するアウェイ横浜FM戦。勝ち点1を持って帰ることが出来たのは大きい(後々意味のある勝ち点1になりそう)。

基本スタッツ

スタッツ的に思うのは、最近の試合の中ではパス成功数が少ない方だなと。これは横浜FMのファーストディフェンスとなる前田大然の寄せの影響で後ろから繋ぐ本数が少なくなったことが一因だろうなぁ。

パスソナー・パスネットワークエリア間パス図

攻守にあのスプリント力は驚異で守備の時もラインコントロールなんかはすごい気を使っただろうに。

でも走行距離、スプリント回数は良い試合の時に近い数値を残せてることが勝ち点1を取れた理由でもあるんじゃないかなと。元々パスは繋げなくても走るところをしっかり出せればどこが相手でも勝ち点を取る試合が出来ると思ってて、それが出せるようになってきたのかなと。

次は名古屋。どんな試合になるか楽しみだ。

【印象に残った選手達】

攻撃スタッツ - 山田 直輝

ホント調子が良さそうで頼もしい限り。この日も守備で奮闘した上に攻撃では貴重な同点弾。ヤーマンが躍動すれば湘南は勝ち点が取れる。

GKスタッツ - 谷 晃生

この日もいつもの安定感に加えて、チームを救うビックセーブ(前田大然のダイビングヘッド)があった。代表戦なんかも良い刺激になって充実してるんだろうな。これからも期待大。