レビュー強化キャンペーン実施中!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


第4節、山口対岡山のデータを使って、第5節ジュビロ磐田 対 レノファ山口のプレビューをしていきます。


ジュビロ磐田スタメン予想


前節小川大貴が負傷した事から、おそらく

左CBに伊藤洋輝、

右WBに鈴木雄斗が入ると予想されます。


レノファ山口スタメン予想


フォーメーション図

引き分け、2連敗、引き分けときている山口。

岡山戦は悪くはなかった印象なので、ベースはこのメンバーになるのでは。

開幕からかなりいろんな選手を起用しているので読みにくい。

SB、佐藤謙介選手の相棒のボランチ、草野選手の相棒のFWは替えてくる可能性がありそう。


レノファ山口の攻撃


攻撃の形はジュビロサポーターの分かりやすい例えで言えば、昨シーズンのフベロ監督のジュビロのサッカーに似ています。


サイドチェンジはあまりしませんが、ビルドアップの形、サイド攻撃重視という所は似ています。


ビルドアップの際はボランチの佐藤謙介がCBの間か右サイド寄りに下がり、3バックのような形をとります。


サイドはサイドハーフの2人が大外で幅を取り、サイドバックは少しインサイドにポジションを取るのが特徴です。


渡邉監督はポジショナルプレーを取り入れていると思うので、山口は5レーンも意識していそうです。

まだあまりそういった感じは出ていませんが。


ジュビロの守備としてはやはりサイドの攻防で負けない事が重要だと思います。

雄斗・山田、昌也・大森の守備が重要になってきそうです。


パスソナー・パスネットワーク

パスソナー・パスネットワーク


エリア間パス図

エリア間パス図

両CBと佐藤謙介中心にパスを回し、サイドからの攻撃が多い事がデータからもわかります。


ジュビロとしての守備の狙い目


①CB渡部博文

攻撃スタッツ - 渡部 博文

ジュビロサポーターはよく知る2017年アダのループシュートパンチング事件の渡部選手です。

もう1人のCB楠本選手は足下がなかなか上手いですが、渡部選手はプレスをかけられてパスミスが結構見られました。

ルキアンはここを狙ってほしいです。


②第2ボランチ


岡山戦でいうと田中陸選手です。

攻撃スタッツ - 田中 陸

第1ボランチの佐藤謙介選手がDFラインに下がる事で、田中選手が中盤で1ボランチになります。

ここでボールロストしてピンチになる事がありました。

ここを大森・山田・康裕で潰してほしいですね。


レノファ山口の守備


基本的には前線からプレッシャーをかけてきます。

そこを突破されたら4-4-2のブロックを作ります。

フォーメーション図


ジュビロの攻撃の狙い目


①前線からのプレスをかわしてカウンター


プレス強度は京都ほど激しくないので、うまくかわせると、DFライン4人しかいないケースがありました。

ロングボールをルキアンに当てる、もしくは山田・大森が相手MFとDFの間のハーフスペースで受けて仕掛ける形を繰り出したい。


②サイドバックの裏のスペース


岡山にサイドバックの裏のスペースを結構使われていました。

ルキアンが流れて受ける→CB渡部をサイドに引き出す→昌也のゴール❗️

このパターン、狙いたいですね。


③DFラインの前のスペース、特にサイドバックの前


山口が押し込まれたシーンで、サイドハーフの戻りが遅く、サイドバック前のスペースが空く事が多かったです。速攻で相手DFラインを押し込んだ後にマイナスのクロスで合わせるプレーが効果的かもしれません。


山口注目選手


左SB 橋本健人選手❗️

攻撃スタッツ - 橋本 健人

守備スタッツ - 橋本 健人

ヒートマップ - 橋本 健人

慶応大在学中ながらレノファ山口でプレーする左利きのSB。

右足もうまく使い、インナーラップとオーバーラップを的確に使い分ける戦術眼があります。

彼が起点で決定機を作り出す事が多い印象でした。

彼を抑える事が重要になりそうです。


ジュビロ注目選手


鈴木雄斗選手❗️

今節は本職の右WBで出場濃厚。対峙する橋本選手らを抑えられるか、

攻撃もサイドが重要になりそうなので、攻撃面でも活躍必須です❗️