【J1】前半戦の戦いを振り返ってみよう!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


J2第17節、新潟はアウェイで甲府と対戦した。町田、京都と連敗した新潟は前節、勝ち点で並ぶ琉球に勝利し、連敗をストップし首位に返り咲き、今節を迎えた。対戦相手の甲府との勝ち点差は「4」。この試合も上位対決となり気が抜けない試合となった。今回はこの試合をレビューしたいと思います。


【総評】ボール支配率では新潟が上回る展開であったが、甲府のパス回しで崩される場面も見られ、序盤のチャンスの数では甲府が上回っていた。新潟のミスから甲府が先制したが、新潟も谷口の2得点で逆転し、リードを奪い終盤へ。終盤は甲府のフレッシュな選手にかき回され、終盤で同点ゴールを奪われ、2-2での引き分けとなった。


【スタメン】

フォーメーション図フォーメーション図

甲府は前節と同じメンバー、新潟も谷口選手が先発復帰した以外は前節と同じメンバーでのスタートとなった。


【甲府】

・速いテンポのパス回し…新潟のプレスに対し、これまではボールを回せないチームが多かったが、甲府は速いテンポでボールを回し、上手く相手を剥がしていた。システム的なかみ合わせもあり、中盤の人数が甲府のほうが多く、常にサポートに入りながらショートパスで新潟のギャップを上手くついていた。

・失点場面の対応…チャンスの数は甲府が多く、先制点をあげることができ優位に試合を進めることができていた。しかし、新潟のサイドからのクロスの対応や、ゴール前での対応など、甘い部分があり、一時は逆転されてしまった。この部分の対応が厳しくできていれば勝ち点3を奪えた試合であったと思う。


【新潟】

・縦パス…センターバックからの縦パスが多かった。一発の縦パスで攻撃のスイッチが入り、前に早い攻撃ができていた。好調時はセンターバックからのパスが縦に入る回数が多いと思う。この試合でもその回数が多く、攻撃のリズムを作ることに繋がっていたと思う。

・2ndボール…ロングボールの跳ね返りやルーズボールが相手に渡ることが多かった。選手間の距離や予測が新潟よりも甲府のほうが良く、2ndボールを拾われていた。ここでもシステム的なかみ合わせもあり、中盤の人数が甲府のほうが多く、2ndボールを拾う形になっていたように思う。