【J1】前半戦の戦いを振り返ってみよう!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


連続的に投稿しているが、機械的に処理しているだけですので気にしないでください。

ショートカウンター、ロングカウンター、敵陣ポゼッション、自陣ポゼッション、左サイド攻撃、右サイド攻撃とレビューしたが、Football LABさんにはチームスタイル指標がもう一つある。最後は「中央攻撃」である。

いつものことながらFootball LAB(https://www.football-lab.jp/)さんからデータを拝借した。チームスタイル指標(https://www.football-lab.jp/pages/team_style/)はURLから確認していただきたい。

中央攻撃の定義については下記の通り。こちらの画像もFootball LABさんから拝借した。

ということである。サイド攻撃の定義と比較するとイメージしやすい。

分析は「ショートカウンター」の巻(https://sporteria.jp/blog/yagoto-10/6719615842830520321)、「ロングカウンター」の巻(https://sporteria.jp/blog/yagoto-10/6720498639560511489)、「敵陣ポゼッション」の巻(https://sporteria.jp/blog/yagoto-10/6723038626952777729)、「自陣ポゼッション」の巻(https://sporteria.jp/blog/yagoto-10/6725921314504183809)、「左サイド攻撃」の巻(https://sporteria.jp/blog/yagoto-10/6730803711817289729)、「右サイド攻撃」の巻(https://sporteria.jp/blog/yagoto-10/6730996973169545217)の手法を踏襲した。またFootball LABさんが集計した10/21までのデータを使用した。

中央攻撃の指数と各項目の数値は下記表の通り。

指数は右サイド攻撃の回数を偏差値にしたもので、指数が最も高いのは北海道コンサドーレ札幌で69。最も低いのは大分トリニータの29である。指数以外の項目の単位は%であったり、人数、メートルなど様々である。このままであると分析しづらいため、単位を統一する。指数同様、全て偏差値に計算し直す。

全ての項目を偏差値に計算し直した結果は下記の通り。

赤色のセルは偏差値60以上。緑色のセルは偏差値40以下。理屈上偏差値60以上は、上位16%以内、偏差値40以下は、下位16%以内に入ることになる。

上記表を各項目ごとに相関係数を計算すると下記表の通りになる。

うーん、面白い結果が出ている。指数と21km/h以上の走行平均人数の相関係数は-0.42、ゴール率と21km/h以上の走行平均人数の相関係数は0.49、シュート率と21km/h以上の走行平均人数の相関係数は0.39である。指数ではマイナスだった相関係数がシュート率やゴール率ではプラスになっている。21km/h以上の走行平均人数が多くなると中央攻撃の回数は減少するが、逆にゴールは多くなるということである。24km/h以上の走行平均人数との関係も同様である。中央攻撃を成功させる(ゴールを奪う)ためには21kmもしくは24km/h以上の走行平均人数が多くなることは必要であるが、ゴールに結びつかない失敗も多いといえる。21km/h以上の走行一人当たりの平均距離とゴール率及びシュート率の相関係数は共に0.44であり、走行距離も必要ということになる。ゴール率とロングパス使用率の相関係数は-0.43、ゴール率と空中戦使用率の相関係数は-0.49であり、ロングパスや空中戦はゴールにはなかなか結び付かないことを示唆している。空中戦使用率は指数との相関係数も-0.43であり、空中戦はゴールだけではなく中央攻撃の発動にもマイナスに寄与している。

ガンバ大阪はロングパス使用率(偏差値65)や空中戦使用率(偏差値66)は高いが、ゴール率(偏差値34)は低く中央攻撃は上手くいっていない。FC東京は21km/h以上の走行平均人数(偏差値63)、21km/h以上の走行一人当たりの平均距離(偏差値73)、24km/h以上の走行平均人数(偏差値69)、24km/h以上の走行一人当たりの平均距離(偏差値66)であり、これによりゴール率偏差値は60と高い。中央攻撃が最も成功しているチームの一つである。大分トリニータもFC東京同様走力の部分の偏差値が高く、ゴール率偏差値も57と高い。しかし指数は29でありリーグ最下位である。成功しているとは言えないだろう。セレッソ大阪はゴール率偏差値が最も高い(偏差値65)が、逆に指数は44であり低い。こちらも成功とはいえないだろう。川崎フロンターレはゴール率偏差値は63、これを支えているのはコンビネーション使用率(偏差値75)であり、この中では異彩を放っている。川崎フロンターレは中央攻撃以外の攻撃でもコンビネーション使用率偏差値が高く非常に特徴的である。北海道コンサドーレ札幌は指数では1位であるが、ゴール率偏差値48、シュート率偏差値39と低く、こちらも成功しているとはいえない。北海道コンサドーレ札幌はドリブル使用率偏差値が68、24km/h以上の走行一人当たりの平均距離偏差値が61であり、指数の高さを支えている。

我が名古屋グランパスは指数37、ゴール率偏差値47、ロングパス使用率偏差値62であり、やはり成功してはいないといえる。