【J1】前半戦の戦いを振り返ってみよう!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!



こんばんは、試験勉強も一応やっている神セーブです。

金沢戦プレビューしていきます。


対戦成績

前節までの対戦成績

過去の対戦成績は4勝0敗と負け無し。

昨シーズンはアウェイではかなり苦しめられましたが、山田大記のゴールで1-0勝利。

ホームでは6-0と大勝しました。


現在の戦績


ジュビロ磐田 4位

9勝2分4敗 勝点29 得点26 失点19 得失点+7


ツエーゲン金沢 12位

5勝4分6敗 勝点19 得点16 失点17 得失点-1


ジュビロは2連勝中。上位に食らい付くためには負けられません。


金沢は6試合勝ち無し、3連敗のあと2試合連続ドロー。

序盤好調でしたが失速、ここから上がっていきたいところでしょう。


得失点パターン

得失点パターン

得失点パターン

金沢の得点はセットプレーからが多いです。

藤村選手、嶋田選手から質の高いボールがきます。

セットプレーは与えないようにしたいですね。


金沢の失点はショートパスからが多いです。

ニアゾーンへの侵入から素早いパス回しで決定機を作りたいですね。


ジュビロ磐田予想スタメン

フォーメーション図

勝ってるチームはいじらないのが政爺スタイル。

改善すべきはベンチにWBを入れておく事。

小川大貴の試運転もしたいところ。


ツエーゲン金沢予想スタメン

フォーメーション図


おそらく前節と同じメンバーがベースとなると思いますが、サイドハーフは松本山雅戦と同じ、左に嶋田、右に大谷と予想。

大谷選手は50m5秒8という瞬足らしいので、松本昌也の背後のスペースを狙ってくるのではないでしょうか。

CBの庄司選手、ボランチの本塚選手、サイドハーフかサイドバックにホドルフォ選手、FWの杉浦恭平選手あたりはスタメンの可能性もありそう。


ツエーゲン金沢の攻撃


群馬戦データ


パスソナー・パスネットワーク

パスソナー・パスネットワーク



エリア間パス図

エリア間パス図

ボールを奪ったら早めに前の選手へ、縦への展開が多く、速攻を狙ってきます。

遅攻になった場合はサイドへ揺さぶりをかけてクロスを狙う形が多い印象です。


磐田の守備のポイント


①FWへの楔のボールを入れさせるな❗️


瀬沼、丹羽に縦パスを当ててから金沢の攻撃は始まる事が多いので、ジュビロは群馬戦のように楔を入れさせないようにしたいですね。


②3バック脇のスペースを使わせるな❗️


とくにスピードのある大谷選手が3バック脇を狙ってくると思うので、ここを使わせない、そこに引っ張られた後のスライド、マークの受け渡しが重要になってきます。



ツエーゲン金沢の守備


基本的にはジュビロとやり方は似ています。

4-4-2のブロックを敷いてきますが、自分のゾーンに入ってくる選手にたいして積極的に捕まえにいくので、マンツーマンのようになる事も多い印象です。


磐田の攻撃のポイント


味方と連動してスペースを有効に使えるか⁉️


上記したように、人にかなり食い付いてくるディフェンスなので、食いつかせて空いたスペースに他の選手が入っていく事が攻略のポイントになりそうです。


ツエーゲン金沢注目選手


①嶋田慎太郎選手


群馬戦データ

攻撃スタッツ - 嶋田 慎太郎

守備スタッツ - 嶋田 慎太郎

ヒートマップ - 嶋田 慎太郎

サイドハーフでボランチとともにゲームメイクをするレフティ。

大宮から今シーズン加入した、パスセンスあふれる選手です。

ジュビロはチャンスメイクさせない守備ができるのか注目です。



②大谷駿斗選手

攻撃スタッツ - 大谷 駿斗

守備スタッツ - 大谷 駿斗

ヒートマップ - 大谷 駿斗

50m5秒8という瞬足アタッカー。まだそのスピードを活かし切れていないようですが、怖い存在。

前節は前半45分で交代しており、スタメンではないかもしれませんが、途中出場でも嫌な存在。

ジュビロディフェンス陣はそのスピードを出させない守備ができるか。


ジュビロ磐田注目選手


①伊藤洋輝選手


ヴェルディ戦データ

攻撃スタッツ - 伊藤 洋輝

守備スタッツ - 伊藤 洋輝

ヒートマップ - 伊藤 洋輝


好調を維持している伊藤洋輝。

前節のアシストはやはり狙っていたようですし、とんでもないポテンシャルの持ち主です。

ヤットさんが警戒されるなか、最終ラインからのゲームメイク、そして守備でも活躍を期待❗️


②ルキアン選手


ヴェルディ戦データ

攻撃スタッツ - ルキアン

守備スタッツ - ルキアン

ヒートマップ - ルキアン

ここ4試合ゴールから遠ざかっているルキアン。

しかし強靭なフィジカルで起点を作り、勝利に貢献しているのはみんなわかっている。

ヴェルディ戦では決定機で力んでしまっていた。

金沢ディフェンスを跳ねのけ、ゴールをこじ開けてチームを勝利に導けるか⁉️


今回も最後まで読んで頂きありがとうございました😊