【J1】前半戦の戦いを振り返ってみよう!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


こんにちは、神セーブです。

昨日は仕事でリアルタイムで試合を見れなかったのでブログ更新が遅くなりすみません。


スタメンはこちら。


フォーメーション図


前節足を攣って交代した大森、水曜日の天皇杯を考慮してか今野がメンバーから外れ、シャドーには大津祐樹が久しぶりのスタメン。

ベンチには鈴木海音、鹿沼直生が入りました。


三浦龍輝 7.0


森岡陸のビッグチャンスを防がれた後のセーブは間違いなくチームを救った、試合の勝敗を左右したビッグセーブ‼️

高橋大悟のFKはバーの上に当たったが、枠外を見極めてゴールキックを確実にもらう好プレー。(手を出すとCKと判定される可能性もある)

そしてミートはしていなかったが前河選手のシュートもしっかりセーブし、クラブ史上初の4試合完封勝利に貢献。

GKスタッツ - 三浦 龍輝

ヒートマップ - 三浦 龍輝


森岡陸 6.5


いつも森岡陸の守備スタッツが数字に反映されないのは空中戦の競り合いやタックルとカウントされない足の出し方で相手からボールを奪っているからだろうか?

ビルドアップでもパス成功率は上がってきており、毎試合成長を感じさせる。

ヤットさんのショートCKからのヘディングシュートは完璧だったが井澤選手のスーパープレーで初ゴールはお預けに。

攻撃スタッツ - 森岡 陸

守備スタッツ - 森岡 陸

ヒートマップ - 森岡 陸


大井健太郎 6.5


ルキアンやシャドーに当てる縦パスのミスが多く、ショートカウンターを喰らうきっかけになる事が多かった事、危険な位置でFKを与えてしまった事は課題だが、先制点はヤットさんのFKから相手DFに競り勝ち鈴木雄斗の先制点をアシスト。

伊藤・森岡のカバーリングをしっかりとこなし、4試合連続無失点に貢献。

2点目も大井の守備からボール奪取して得点に繋がった。

「次の試合はまた0-0から始まります。4連勝4連続完封は関係ないので、良い準備をして次に臨むことが大事だと思います。」

とチームを引き締めるコメントは素晴らしい。

攻撃スタッツ - 大井 健太郎

守備スタッツ - 大井 健太郎

ヒートマップ - 大井 健太郎


伊藤洋輝 6.5


CBの選手とは思えない攻撃スタッツでラストパス3、クロス5ってなんやねん(笑)

松本昌也とのコンビネーションで左サイドからチャンスメイク。

鈴木雄斗への弾丸サイドチェンジ、守備でも高速帰陣で完封勝利に貢献。

攻撃スタッツ - 伊藤 洋輝

守備スタッツ - 伊藤 洋輝

ヒートマップ - 伊藤 洋輝


鈴木雄斗 7.5 ☆MOM☆


NSY N なぜ S そこに Y 雄斗。

ポジショニングの良さから2ゴール。

1点目は大井の落としたボールに対し冷静に相手DFをブロックしながらゴールに流し込み、2点目は右サイドのやや内側で相手DF3人の中間ポジションを取り、ドリブルでシュートコースを作り冷静に流し込む技ありゴール。

どちらも素晴らしいゴールだった‼️

攻撃スタッツ - 鈴木 雄斗

守備スタッツ - 鈴木 雄斗

ヒートマップ - 鈴木 雄斗


遠藤保仁 6.5


北九州の狙いどころとされていたジュビロのボランチ。

前半21分の相手のビッグチャンスはヤットさんの所で奪われて大ピンチに。

しかしセットプレーやダイレクトパスでリズム、チャンスを生み出していく所は流石。

攻撃スタッツ - 遠藤 保仁

守備スタッツ - 遠藤 保仁

ヒートマップ - 遠藤 保仁


山本康裕 6.0


危険な位置で奪われてピンチを招いてしまうシーンやあわやPKかというプレーもあったが、後半森岡の裏のスペースを素晴らしいカバーリングなどもあり、評価としてはトントンといったところか。

攻撃スタッツ - 山本 康裕

守備スタッツ - 山本 康裕

ヒートマップ - 山本 康裕


松本昌也 6.5


伊藤洋輝とのコンビネーションで決定機を多く作り出すと同時に、守備も伊藤が上がった所をカバーするシーンもあり、攻守に貢献したことがスタッツにも表れていた。

得点には繋がらなかったが効果的な攻撃でチームを活性化。

攻撃スタッツ - 松本 昌也

守備スタッツ - 松本 昌也

ヒートマップ - 松本 昌也


山田大記 6.5


相手DFラインとMFの間のスペースで起点を作り、攻撃の潤滑油となった。クロスに走りこんだ所で相手に押され、相手GKと激突、背中か腰を痛めるシーンもあったが、交代するまで好プレーをみせた。

2点目はヒールパスから決定機を作った。

攻撃スタッツ - 山田 大記

守備スタッツ - 山田 大記

ヒートマップ - 山田 大記


大津祐樹 6.5


コンディションが上がってきた印象で、簡単にボールを奪われないフィジカルとボールコントロールで前への推進力を生み出した。

1点目のきっかけとなるファウルをもらったプレーは見事。

守備でも献身的なプレーで勝利に貢献。

攻撃スタッツ - 大津 祐樹

守備スタッツ - 大津 祐樹

ヒートマップ - 大津 祐樹


ルキアン 6.5


惜しいシュートを放ちポストに頭を打ち付けて悔しがったルキアン。

得点こそなかったものの、スピードを活かした突破、終盤自陣深くまで戻った守備、そして鈴木雄斗へのアシストとチームの勝利に貢献。

攻撃スタッツ - ルキアン

守備スタッツ - ルキアン

ヒートマップ - ルキアン


交代出場


小川航基 5.5


チーム全体の運動量が低下してきて北九州が攻勢をかけてきた事もあるが、あまり起点になることができず、ルキアンのパスから決定機を得たが良いシュートは撃てず。

天皇杯で得点し爆発のきっかけを得たいところ。

攻撃スタッツ - 小川 航基

守備スタッツ - 小川 航基

ヒートマップ - 小川 航基


鹿沼直生 出場時間短く採点無し

攻撃スタッツ - 鹿沼 直生

守備スタッツ - 鹿沼 直生

ヒートマップ - 鹿沼 直生


藤川虎太朗 出場時間短く採点無し

攻撃スタッツ - 藤川 虎太朗

守備スタッツ - 藤川 虎太朗

ヒートマップ - 藤川 虎太朗


ファビアンゴンザレス 出場時間短く採点無し

攻撃スタッツ - ファビアン ゴンザレス

守備スタッツ - ファビアン ゴンザレス

ヒートマップ - ファビアン ゴンザレス


鈴木政一監督 6.0


いつもより多少早い選手交代で逃げ切りに成功。

鈴木海音をベンチに入れたのは何だったのか謎のまま試合終了。