レビュー強化キャンペーン ⑦  6/13 J2 第18節 全試合
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


こんばんは、神セーブです。

ギラヴァンツ北九州戦レビューしていきます。


スタッツ

基本スタッツ

かなり拮抗したスタッツになりました。2点リードしたものの、北九州の攻撃は怖さがありましたね。龍輝の龍神セーブがなかったら失点していたでしょう。


得失点パターン


得失点パターン

得失点パターン

>両チームとも得点・失点ともにセットプレーとクロスからが多いです。

>高さではジュビロに分があるので、そこは活かしていきたいところ。


1点目は高さを活かしたセットプレーからでしたね。


>北九州のセットプレーでは高橋大悟選手の左足の精度と威力は素晴らしいので、ジュビロはセットプレーを与えないようにしたい。


高橋選手のバーに当たったFKはヒヤッとしましたね。龍輝は見切っていましたが。さすがです。


ゴール期待値

ゴール期待値

期待値からみても1失点はしてもおかしくなかった展開。龍輝のビッグセーブはやはり大きかったですね。


ギラヴァンツ北九州スタメン

フォーメーション図

>ジュビロからレンタルの針谷は出場出来ないため、この試合でも途中からボランチに入った永野選手が針谷の所に入ると予想。

新垣選手もこの試合で右腕を負傷し途中交代しているので、左のサイドハーフは斧澤選手が入るのではないでしょうか。


永野・斧澤起用は予想通りでしたが、4-1-4-1は驚きましたね。さすが策士・小林伸二監督。

ヒートマップ - 斧澤 隼輝

ヒートマップ - 永野 雄大

試合見ていた印象・ヒートマップからすると永野がインサイドハーフで斧澤が左サイドハーフだったような気はします。


ジュビロ磐田スタメン

フォーメーション図

>勝ってるチームはいじらないのが政爺スタイル。

改善すべきはベンチにWBを入れておく事。

小川大貴をベンチに入れてほしい。

(先週と同じ事言ってる…)

前節足を攣って交代した大森、森岡陸に代わり、得点がほしいと燃えている小川航基がルキアンと2トップ、森岡に代わり山本義道がスタメンに入る可能性もあるかもしれない。


大森に代わり大津がスタメン。航基は後半途中からでしたね。

4バックのサイドバックとしてなのか、謎の鈴木海音くんのベンチ入り。

結局起用せず真相は闇の中。

U20代表合宿を途中離脱させる必要はあったのか?


ギラヴァンツ北九州の攻撃


パスソナー・パスネットワーク

パスソナー・パスネットワーク

時間帯別パスネットワーク図

時間帯別パスネットワーク図

エリア間パス図

エリア間パス図

後ろから繋いでいく姿勢は見せていましたが、ジュビロの守備も縦パスに対してはかなり厳しく潰していたので、チャンスはさほど作らせませんでした。

しかし北九州の一番の狙いは守備で高い位置で奪い、ショートカウンターを狙っていましたね。

3バック裏のスペースをうまく使われて決定機を何度か作られていました。


磐田の守備のポイント


ボランチを潰せ❗️


ジュビロも北九州が4-1-4-1で来た事は予想外だったと思います。

井澤選手にはかなりボールは持たれていました。

ヒートマップ - 井澤 春輝

攻撃スタッツ - 井澤 春輝

しかしCFの前川、後半は狩土名選手を抑えて対抗した感じでしたね。



ギラヴァンツ北九州の守備


まさかの4-1-4-1。

小林監督のインタビューから、

・ボランチを経由するサッカーをハメにいったところはできた

・前線からプレスを掛けてサイドで取るというイメージ

という事が狙いだったようです。

龍輝がビッグセーブで凌いだ佐藤選手のシュートシーンは狙っていた形だったという事ですね。


インサイドハーフがジュビロのボランチにプレスを掛けて、サイドハーフとサイドバックでジュビロのCB、伊藤・森岡とWBを潰しにいく形を狙っていましたね。


磐田の攻撃

パスソナー・パスネットワーク

パスソナー・パスネットワーク

時間帯別パスネットワーク図

時間帯別パスネットワーク図

エリア間パス図

エリア間パス図


磐田の攻撃のポイント


ハイプレスを回避出来るか⁉️


北九州のプレスが3バックにはそこまで激しいプレスにきた訳ではなかったので、3バックで速いパス回しでプレスをいなすシーンもありました。


サイドでハメられたシーンもありましたが、左サイドは大津もサイドへサポートに回り回避したり、ルキアンに当てて回避する形が見られました。

右サイドはルキアンに当てるか、山田がバイタルエリアで受けることで回避していた印象です。


昨年よりはうまく対応できたことが勝利に繋がったとも言えますね。



ギラヴァンツ北九州注目選手


①高橋大悟選手

攻撃スタッツ - 高橋 大悟

守備スタッツ - 高橋 大悟

ヒートマップ - 高橋 大悟

右のインサイドハーフで出場。やはり彼の左足は驚異でした。

抜け出してチャンスのシーンでは森岡がギリギリで先にボールに触り、シュートを撃たせませんでした。


②狩土名 禅選手

攻撃スタッツ - 狩土名 禅

守備スタッツ - 狩土名 禅

ヒートマップ - 狩土名 禅

後半から出場しましたが目立った活躍は出来なかった印象。

しかし北九州にとって長身CFは大きい存在だと思うので、今後針谷・高橋と連携が取れてきたら面白い存在になりそう。


ジュビロ磐田注目選手


①山田大記選手

攻撃スタッツ - 山田 大記

守備スタッツ - 山田 大記

ヒートマップ - 山田 大記


相手DFラインとMFの間のスペースで起点を作り、攻撃の潤滑油となっていました。

クロスに走りこんだ所で相手に押され、相手GKと激突、背中か腰を痛めるシーンもありましたが、交代するまで好プレー。

2点目はヒールパスから決定機を作りました。


②小川航基選手

攻撃スタッツ - 小川 航基

守備スタッツ - 小川 航基

ヒートマップ - 小川 航基


チーム全体の運動量が低下してきて北九州が攻勢をかけてきた事もあり、あまり起点になることができず、ルキアンのパスから決定機を得たが良いシュートは撃てませんでした。

天皇杯で得点して良い流れに乗りたいところ。


ついに3位浮上、首位とは勝点2差まで縮めました。

とにかく勝利あるのみ。

天皇杯は若手が見たいです。



今回も最後まで読んで頂きありがとうございました😊