レビュー強化キャンペーン ⑪  6/26 J2 第23節 横浜FC vs 新潟
抽選で3名様にアマゾンギフト券2,000円分


こんにちは!

SPORTERIAスタッフの加藤です。


今回は、J1リーグ戦とルヴァンカップで3ゴール以上を挙げている選手を対象に

「1ゴールあたりにかかる時間が短い選手ランキング」

を作ってみました。


ここでの「チームの攻撃時間」は、”その選手が出場している間にチームがボールを保持して攻めていた時間”です。


考え方については FootballLABのコラム

「サッカーの試合における時間の計算を再考する」

https://www.football-lab.jp/column/entry/825/

を参考にしています。



1位は札幌の中島大嘉選手!

なんと、札幌がボールを保持して攻めている時間が約14分毎に1点のペースでゴールを決めています。

ゴールシーン以外を見ても非常にスケールの大きい選手で、今後どこまで成長するか非常に楽しみですね👏


2位は柏の升掛友護選手!

こちらもスピード、テクニック、決定力を兼ね備えていて今シーズンブレイクの予感✨


そして明日のルヴァンカップグループステージ第5節は 札幌 🆚 柏 !

https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2022/042305/preview/


2人の直接対決、そしてゴールの競演があるかも…?