㊗2024シーズン開幕! 開幕節レビューコンペ(J1 J2 J3 全試合対象)
抽選で5名様にアマゾンギフト券3,000円分


このブログを書いているのは、神戸の優勝が決まった後です。

ということで、試合終了直後もそうだったのですが、

失意のホーム最終戦。

今年、一年、ありがとうございました。


基本スタッツゴール期待値


シュートが枠に行かない新潟(枠内シュート8本もあったか?)と、

シュートがことごとく相手GK小島に弾かれるマリノス、

という、試合。


最初の60分はそれでもエキサイティングだったのだけれど、

残り30分は、マリノスの攻撃が本当に雑で、

ものすごく後味の悪い試合。


60分までのxGが1を越えているのに、

最終のxGが1.39というのがそれを表している感じ。


今年のマリノスは、結果として、2位確定なわけですが、

去年と、今年と何が違ったのか、

その答え探しをずーっとしていた今シーズンの後半だったような気がします。

納得できる答えはいまだ見つからず・・・


ちょっと考えてみても・・・

1)対策された。

特にGKにプレスに来るチームが少なくなった。GKにプレスにいかなければ、数的優位を作られることもない。それならば、GKが前に運べばよかったのですが、それも後半に影を潜めた。

2)怪我人が多かった。

怪我人が多かった理由は2つ。1つは新練習場が出来て、芝も変わったので、トレーニングでの負荷のかかり方がこれまでと異なって、練習中の怪我が増えた。

もう一つは、今年は、ジャッジとして、フットボールコンタクトに対して、甘くて、より激しいプレーをJリーグが求めてきたこと。それにより、エキサイティングというよりも危険なプレーが増えたこと。マリノス以外でも大怪我をした選手がそれなりにいた。

3)新加入選手がフィット/レベルアップしなかったこと。

ここ数年のマリノスは、主力が抜けても下のカテゴリーから引き抜いてきた選手がすぐにフィットして、大活躍してきて、スカウトすげえな、って感じだったのですが、今年は、そういう選手がいなかったこと。基本的には去年と同じメンバーで闘ったので、対策も立てやすかったこと。

レベルアップした新加入選手、って一森ぐらいかなあ

4)去年大活躍だった控え選手が最後まで低調だったこと。

去年は、途中から出場する、水沼、宮市、ジョエルあたりがゲームチェンジャーとして大活躍。

それによって、AチームとBチームの境界が曖昧になり、「誰が出てもマリノス」だったのに、今年は、控えの水沼、宮市、井上、植中、西村、ナムテヒあたりがゲームチェンジャーになり得なかったこと。それは、おそらく戦術的な理由もあって、運動量が多すぎて、チームのバランスを崩している、と言われた西村が、運動量を控えて効率的にしようとした結果、その分の運動量をアンロペ、エウベル、ヤンマテに求めるようになり、そのために、疲弊して、中盤に穴を作ってしまったり、小さなテクニシャンを揃えたために、中央でのターゲットがアンロペしかなく、クロスを上げなくなったこと。松原も水沼もクロスを上げることはほとんどなくなり、水沼の良さが消されてしまったこと。

5)ロングボール戦術に頼ってしまったこと。

西村の運動量があったこともあって、去年は、真ん中でのパスコースの選択肢が多くて、縦パスの楔からの戻し、縦パスからの戻し、を繰り返して、真ん中に意識を集中させて、ラインを上げさせてからの再度突破、マイナスの早いクロス、真ん中で押し込むだけ、という攻撃パターンが多かったのに、今年は、西村の運動量が減ったこともあって、ワントップとトップ下の運動量が少なく、縦パスが少なかったこと。オートマチックにパスを回してた去年に対して、CBがパスコースを探して、あげくに隣のCBに横パス、あるいは、SBに逃げる、というパターンが多かったこと。有効な攻め手が、エドゥからエウベルへのロングパス一辺倒になってしまったこと。さすがに、個人の力だけで打開できるほどJリーグは甘くない。


こんなところですかねえ。


シーズンが終われば、またいちから作り直し。

アタッキングフットボールという北極星がはっきりしているから、

誰が抜けても、誰が来ても、コンセプトはわかりやすくて、フィットしやすいのがマリノスの強み。

(その割には、今年の新加入選手はフィットに時間がかかったが)


とはいえ、ブラジル人選手はいつまでいてくれるかわからないし、

良いオファーがあれば移籍するだろうし、

なべこ、角田、山根あたりは、いつ海外移籍してもおかしくない。

なにより、監督が来年もケヴィンかどうか分からない。

これは、マリノスの宿命かも。


そんな中で、来季の希望は、

ヒートマップ - 角田 涼太朗

攻撃スタッツ - 角田 涼太朗守備スタッツ - 角田 涼太朗


吉尾海夏に変わって、上島が入って、角田が、左SBに移った瞬間に、

縦への推進力が一気に上がったのは、驚きました。


本職CBとしての適性は言うことなく、

SBとしても水準以上、

持ち上がり方なんかを見ると、おそらくボランチも問題なし。

来年は、角田が、チームの中心に居るような気がします。

副キャプテンとかなってもいいなあ。