【J1】前半戦の戦いを振り返ってみよう!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


先日「2020 J1第16節 横浜FC 3-2 名古屋 レビュー「ボール支配率」の巻」

https://sporteria.jp/blog/yagoto-10/6712326810756976641

でボール支配率についてレビューさせていただいた。少しながら続きをレビューしようと思う。


開幕から2020年9月9日までに行われた試合を対象に、各チームの平均ボール支配率を計算した。結果は下記の通りである。

ボール支配率が最も高いのは横浜FMで59.9%、60%に迫る数字である。逆に最も低いのは仙台の44.2%である。


ボール支配率をレビューする前に、横浜FMのボール支配率は他チームと比較して統計学的に高いかどうかを計算する必要がある。いくら横浜FMのボール支配率が高いといっても偶然の範囲内だったらレビューしてもあまり意味のない話になってしまう。

そこで横浜FMと2位の神戸の検定を行った。F検定後のt検定の結果は下記の通りになった。

【このような計算もExcelの基本機能にあるから楽にできる。マイクロソフト社さんありがとう。】黄色のセル、両側検定のP値は0.462であり、横浜FMのボール支配率59.9%と神戸のボール支配率58.1%が偶然差がついた確率は46.2%である。5%を超えたものは差がないとする統計学のルールから、横浜FMと神戸のボール支配率に差があるという仮説は棄却される。わかりやすく言えば横浜FMと神戸のボール支配率には差がない。


次に、同様に横浜FMと3位鹿島の検定を行った結果は下記の通りになった。

両側検定のP値は0.018である。横浜FMと鹿島のボール支配率が偶然差がついた確率は1.8%であり5%に満たないため、統計学のルールから5%水準で有意差が認められた。1位横浜FMと3位鹿島との間に有意差が認められたことから、4位以下も同様に有意差が認められることになる(面倒くさくて計算していないが)。よって1位横浜FMと2位神戸が他チームと比較して、ボール支配率が高いと言える。※厳密にいえば神戸と鹿島のP値は0.057。


この2チームを比較するとおもしろいものが見えてくる。同じボール支配率が高いチームと言っても中身は異なっている。


下記表は横浜FM、神戸のチャンスビルディングポイント(CBP)とスタッツである。J1リーグ18チーム中、上位2チーム以内の項目は赤色、下位2チーム以内の項目は緑色で示している。

ボール支配率1位の横浜FMは、そのボール支配率の優位性から、攻撃CBP、パスCBP、ドリブルCBP、パス、クロス、間接FK、CK、スローイン、ドリブル、オフサイド、30mライン進入、ペナルティエリア進入、走行距離、スプリント、攻撃回数において2位以内になっている。2位以内に入った項目の多くが攻撃に関しているものであり、ボール支配率が攻撃に対して有利に働いている。特に総走行距離とスプリントは18チーム中1位であり、走力を生かしたボール支配と言えよう。しかしチャンス構築率は低く、攻撃してもなかなかチャンスを構築できないていない。シュート、枠内シュートも少なくシュートCBPが低い。これらによりゴール期待値やゴールCBPが低い。総得点は少なくないことから、効率性が低いと言える。ちなみに守備力も高くはないという数字になっている。

ボール支配率2位の神戸は、ボール支配率は高いが横浜FMほど他の項目で優位には立っていない。上位2位内に入った項目はドリブルCBP、パスの2項目である。逆に下位2チームに入った項目は守備P、PKによるシュート、クリアの3項目である。ボール支配率の高さが有利に働いていない。チャンス構築率は横浜FMよりも高いが、攻撃回数は少ない。少ない攻撃の中、効率的にチャンスに結びつけていると推測できる。ちなみにチャンス構築率はリーグ3位である。ボール支配としては、総走行距離は短く、パスの回数(横浜FMよりは少ない)が多いことから、人よりもボールを動かすというボール支配であり、巷で言われているようにバルサ型(たぶん)のボール支配と言えよう。守備のCBPもスタッツも低く、守備力の弱さが露呈されている。


まとめ

横浜FM・・・・走力にものを言わせたボール支配

神戸・・・・・・・人よりもボールを動かすボール支配


この2チームは、ボール支配率は高いが、各項目の数字を見る限り、自分がイメージするポゼッション(あまりに主観的だが)とは違う気がする。



いつもながら、分析に使用するデータはFootball LABさんから拝借しました。https://www.football-lab.jp/