【J1】前半戦の戦いを振り返ってみよう!
抽選でAmazonギフト券をプレゼント!


結果がなかなか伴ってこないジュビロといった印象。

ゴール期待値では上回られた。1.59vs1.25なので、2-1、1-1が妥当な結果だったか。ポゼッションのジュビロ磐田とカウンターのFC町田ゼルビア。パス成功数ではジュビロが558本vsFC町田ゼルビア187本、ボール支配率も61%-39%と差がかなり大きく、プレースタイルが明確にでている。枠内シュート率はジュビロ69.2%(9/13)vs66.7%(6/9)ゼルビアとほぼ変わらなかった。

基本スタッツゴール期待値フォーメーション図フォーメーション図

パスソナー・パスネットワーク

ジュビロの遠藤選手が中心にパスが集まっており、遠藤選手のパスは前方の3方向にバランスよく配給している。

パスソナー・パスネットワークパスソナー・パスネットワーク

エリア間パス

SPORTERIAスタッフの方にコメントいただいたセンターサークル付近を通らないゼルビアのパス。前節でもそうだったが、縦に行くカウンターのためなのか、もしくはリスク回避のために中央のパスをしないようにしているのだろうか。

エリア間パス図エリア間パス図


ヒートマップ

ジュビロは広い範囲の選手が多い

ヒートマップ - 山田 大記ヒートマップ - 大森 晃太郎

自陣よりのセンターサークル付近でパスを供給していると思われる遠藤。山本は右CBのような位置にいることが多かったようだ。

ヒートマップ - 遠藤 保仁ヒートマップ - 山本 康裕

相手ゴールに向かうようなきれいなヒートマップの松本。

ヒートマップ - 松本 昌也

広い範囲をカバーし、攻撃にも参加する奥山。三鬼のほうが奥山よりも高い位置にいる。

ヒートマップ - 奥山 政幸ヒートマップ - 三鬼 海

左サイドにいる佐野とペナルティーエリア外にいることが多かった高江。高江は降りてきてのパスが多いためか。

ヒートマップ - 佐野 海舟ヒートマップ - 高江 麗央

自陣左サイドと相手陣内右サイドにヒートマップがある平戸。平戸は右利きなので右サイドでパスを受けて前を向くためか。岡田は守備に追われている時間が長かったようで、自陣でのにヒートマップ濃く見られる。中島の範囲も広い。岡田と対照的に右の高い位置で縦に仕掛けることが多かったようなヒートマップとなっている。

ヒートマップ - 平戸 太貴ヒートマップ - 岡田 優希ヒートマップ - 中島 裕希ヒートマップ - 太田 修介

FC町田ゼルビアはエリア間パスとヒートマップからもわかる通り、この試合でも左サイドでボール回収し、右サイドは攻撃的にいくことが多かったようだ。