こんにちは!

SPORTERIAスタッフの加藤です😊


前回、こちらのブログ

https://sporteria.jp/blog/staff/6765201658843500545

でJ1の選手を対象に集計した、「ある程度出場している選手」は、出場時とそうでない時にチームパフォーマンスにどれくらいの影響があるのか?について、J2の選手を対象に集計してみました💡


※集計基準と評価基準は全く同じです

① シュート増への貢献

・出場していた時のチームシュート率

・出場していなかった時のチームシュート率

を比較して、何%増えているか(増えているほどプラス)

②被シュート減への貢献

・出場していた時のチーム被シュート率

・出場していなかった時の被チームシュート率

を比較して、何%減っているか(減っているほどプラス)


早速ですが、このような結果になりました📊


1位は松本の 佐藤和弘 選手!

高いボール奪取力を武器に、味方チームのシュート増、相手チームのシュート減の両方で25%超えを達成!


10月に大分から期限付き移籍で加入した佐藤選手ですが、スタメンで出場した試合は

8勝7分1敗

という素晴らしい数字に!

(ちなみに2020シーズンの松本は 13勝15分14敗でした)


松本への完全移籍が決まり、2021シーズンは開幕から活躍が期待されますね💪


3位には琉球の 田口 潤人 選手がランクイン!

ゴールキーパーでこのランキングに入るのは凄いですね😲


また、7位の ヴィニシウス・アラウージョ 選手は、相手チームのシュート数こそわずかに増えるものの、それを補って余りある

出場時は味方チームのシュート数が40%以上増加

という数字を叩き出しました!

山形の攻撃力&得点力のために、欠かせない選手ですね⚽